FX口座開設会社の比較サイト【FXステーション】

口座を選ぶ際にチェックしておいた方がいいポイントは以下の5つです。

最低取引単位

最低取引単位が少ないほど必要な資金も少なくてすみます。
初心者には「1000通貨」がおすすめ。最低限5,000円程度あれば取引できます。

スプレッド

スプレッドとは通貨ペアの売値と買値の差額のことで、スプレッドは狭いほど利益が出やすくなります。
初心者は低スプレッドのFX口座を選ぶといいでしょう。
目安は米ドル/円のスプレッドが「0.2銭以下」です。

通貨ペア

通貨ペアとは取引する通貨の組み合わせのことです。
初心者にオススメの通貨ペアは、取引の活発さ、スプレッドの狭さ、情報量の多さから考えると「米ドル/円」がオススメです。

スワップポイント

スワップポイントとは二カ国間の金利の差のことで、通貨ペアによってその差額を毎日もらうか支払うかということになります。
スワップポイントによる利益を得たいのであれば、低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことが必要です。
スワップポイントが高いFX口座を選んで見ましょう。

口座開設キャンペーン

口座開設や、一定量の新規取引などで数千円〜数万円のキャッシュバックを行なっているFX口座がほとんどです。
どの口座にするか決めきれないときはキャンペーンの内容で選んでみてもいいのではないでしょうか。

初心者は少額の取引から始めて慣れていくのが良いでしょう。 各FX口座によって最小取引単位は違うのですが、「1通貨」「1,000通貨」の取引が可能な口座がオススメです。
最小取引単位「1通貨」なら最低4円程度、「1,000通貨」なら最低5,000円程度あれば始めることができます。

①FX口座を選ぶ
②ネットで申し込み
・必要事項記入
・本人確認書類
・マイナンバー確認書類を送付
③審査
④口座開設完了

トレーディングツールには各FX会社それぞれ違いがあり、それによって取引の結果が変わってくることもあります。
初心者にも使いやすいツールは最小取引単位の低さも踏まえて選ぶと、「ヒロセ通商」や「みんなのFX」です。

最低で4円から取引ができるFX口座もありますがあまりに金額が小さいと緊張感を持てないため、いくら少額といっても最低1万円をオススメします。
最小取引単位が「1通貨」や「1,000通貨」の口座を選びましょう。
結論として1万円程度の元手でも利益を出すことはできます。
一発で大きな利益は得られませんが、一日数百円をコツコツ重ねていくと年間では大きな金額になります。
Twitterで「#1万円チャレンジ」というタグが流行っているのでのぞいてみてはいかがでしょうか。

初心者には先進国の通貨がおすすめです。
取引の活発さ、スプレッドの狭さ、情報量の多さから考えると「米ドル/円」が一番オススメです。

FXで得た利益は課税の対象となるため申告が必要です。