FX口座開設会社の比較サイト【FXステーション】

レバレッジとは例えるならばてこの原理のようなもので、少ない資金で大きなお金を動かして取引することができる仕組みです。
普通なら10万円の資金では10万円の取引しかできませんが、10倍のレバレッジをかけたとすると10万円の資金で100万円の取引ができるのです。
高いレバレッジをかければ利益も大きくなりますが、損失があった場合も同じ倍率で損をしてしまいます。初心者はまずは低いレバレッジから始めるのがおすすめです。

FX取引では、口座に担保となる資金を預けることによって取引が開始できるようになります。 その預けた資金を証拠金と呼びます。

取引金額に応じて最低限必要な資金の額が決まっており、その金額を必要証拠金と呼びます。
FX取引に参入し、それを維持している状況をポジションといいますが、ポジションを取るために必要な最低限の資金です。

証拠金維持率とは、必要証拠金に対する証拠金の割合のことです。

余剰金とは、証拠金から必要証拠金を引いた金額のことです。

投資家が口座内にある金額を超えた損失を出さないために、FX取引で一定の損失が出た際に強制的に決済してしまうということをロスカットといいます。
ロスカットが実行される基準はFX取引業者によって変わってきます。

証拠金維持率が低下しロスカットの基準値に達しそうな場合には、追加で証拠金を入金するようマージンコールという警告の通知が届きます。

「ドル」、「円」のような各通貨の単位のことを通貨単位といいます。例えば1円は1通貨単位です。
FXでは取引の基準を表すときに通貨単位を使って「◯◯通貨単位以上は取引可能」などと表します。

「pips」という用語は、FXを行っている際に画面に表示される6桁の数字のうち右から2番目の値を1pipsと表します。
米ドルの場合、0.00010ドル=1pips
日本円の場合、000.020円=2pips
となります。
また、pipsは1ドル=100.000円の場合に円安になると予想し、1ドル=100.020円になった場合に「2pips利益が出た」などFXトレーダーが為替の差益(差損)を表す場合によく使われます。
この時、1万通貨買って200円儲けた場合も100万通貨買って2万円儲けた場合も同様に「2pips利益が出た」と表現されます。

「point」という用語はpipsの1/10の大きさを表すときに使われる用語で基本的にFXの管理画面上に表示される6桁の数字のうち1番右の1pointと表します。
米ドルの場合、 0.00004ドル=4point
日本円の場合、000.003円=3point
となります。
元々は、FX管理画面上に5桁で表示されているものが多くpipsが最小単位だったのですが、6桁で表示するFX会社が増加したため最小単位を表す単位がなくなってしまったためpointという単位が新たに最小単位としてできました。
pipsとpointは「10point=1pips」とセットで覚えておきましょう。

「Lot」という用語はFXで取引を行う際の基準となる用語です。
FX業者によって、1Lotの大きさが異なるのですが基本は「通貨単位」を基準に考えます。
一般的には、1万通貨単位=1Lotの場合が多いです。
また、1Lotを1枚と表すこともあります。