FX口座開設会社の比較サイト【FXステーション】

FXの相場というのは常に変動しているものですが、「動きがないな」と感じられることもあります。常に動くものと思っているからこそ、動きがなくなると不安になってしまうものです。ここでは、FX相場の動きについてどのように考えていくべきかお話していきたいと思います。

FX相場にも動きやすい時間帯と動きにくい時間帯がある

FXというのは、基本的に土日以外は24時間動いている市場になります。常に変動しているものではありますが、だからといっていつでも常に値動きが活発なわけではありません。というのも、為替レートにも動きやすい時間帯と動きにくい時間帯があるのです。まずはこれをきちんと理解しておきましょう。
初心者の方だと為替レートの動きにくい時間帯のほうが安心に思えるかもしれませんが、価格がレンジ相場になっているため初心者の方が利益を出すのは思っている以上に難しいでしょう。仮にレンジ相場でトレンドを追いかけたトレードをおこなったとしても、損切りが多くなってしまうかと思います。
利益を出したいのであれば、やはり為替相場が動きやすい時間帯を狙うことです。そのためにも、相場が動きやすい時間帯を把握した上でトレードをおこなっていくようにしましょう。

市場が開いている時間帯とそこで取引されやすい通貨を知る

為替相場が動きやすい時間帯を把握するためには、市場が開いている時間帯を知ることが大切です。例えば、夏時間の場合、東京外国為替市場は午前9時から午後5時まで、ロンドン外国為替市場は午後4時から午前2時まで、ニューヨーク外国為替市場は午後9時から午前6時までとなっています。冬時間のときはロンドン外国為替市場とニューヨーク外国為替市場の時間帯に1時間プラスすることになります。
これらの3つが世界三大外国為替市場と呼ばれており、一般的に為替相場では3つの市場が開いている時間帯に動きが活発になると言われています。それでいて、開いている市場によって、取引されやすい通貨も違ってきます。基本的に開いている市場の国の通貨が取引されやすくなるため、東京外国為替市場では円、ロンドン外国為替市場ではユーロやポンド、ニューヨーク外国為替市場ではドルなどが取引されやすくなります。

                   

FX会社を徹底比較