FX口座開設会社の比較サイト【FXステーション】

FXの相場というのは常に変動しているものですが、その動きが鈍るときがあります。相場が動かないときは、あまり積極的にFXトレードをすべきではありません。そのため、思い切って休んでしまうのもひとつではあるのですが、せっかくならFXの相場が動かない間によりよいFXトレードのために検証や分析をおこなっていきましょう。

FX相場は思い通りには動きません

FX相場がいつでも大きく動いてくれたら嬉しいですよね。大きく動くことを願ってとりあえずエントリーするなんてことはNGです。相場が動かず今後の動きが読めない場合はエントリーは控えておきましょう。

ポジポジ病とは

FXなどの投資を始めたばかりの初心者にありがちなのが「ポジポジ病」といって常にポジションを持っていないと落ち着かない状態になってしまうことです。FXに慣れてきて勝てるようになってくると、「エントリーポイントを一箇所たりとも逃したくない」という心理になってしまいます。これは人間の心理として当たり前なのですが、FXで勝つには感情は出すべきではありません。「ポジポジ病」になってしまうとトレードの目的が利益を上げることではなくポジションを持つことになってしまいます。定期的に自分が感情に振り回されたトレードをしていないか一歩引いて冷静に考えてみましょう。

トレードの目的を見失わないように

FXでトレードを行う目的は「できるだけ確実に多くの利益を上げること」です。100%勝つことは不可能ですが、しっかり勝ちが見込めるエントリーポイントを選んでエントリーしていくことが勝率アップには大切です。なんとなくの感覚でエントリーして運よく利益が出たら決済というやり方ではギャンブルをやっているようなものです。そうはいってもどこでエントリーすれば利益が見込めるのかを瞬時に見極めるのは難しいと感じる人も多いでしょう。そこで重要になってくるのが過去検証とチャート分析です。

FX相場が動かない間に過去検証

FX相場が動かない間に心と体を休めるのもひとつではあるのですが、せっかくなら過去検証をおこなっておきましょう。過去検証をおこなうことによって相場観を身につけることができますし、そういった中で自分のFXトレードのストロングポイントやウィークポイントを見つけ出すことができます。
自分のFXトレードのストロングポイントやウィークポイントを見つけ出すことによって、どういう取引を回避すべきなのかといったこともわかるようになってきます。損失を出してしまう可能性のある取引を回避することができれば、それだけでより多くの利益を確保できるようになります。
あまり過去は振り返りたくないというタイプの方もいるかもしれませんが、FXにおいて過去検証というのは思っている以上に大切なことです。過去検証を通して自分のFXトレードを見直すことによって、損失を小さく、利益を大きくしていくことができるのです。

FX相場が動かない間にチャート分析

先ではFXの相場が動かないうちに過去検証をおこなっておくべきだという話をしましたが、それとあわせてチャート分析もしていきましょう。チャート分析をおこなっていると、急な為替変動が起きても慌てることなく冷静に対処することができます。エントリーポイントを見逃してチャンスを逃してしまうというリスクも減らすことができます。
チャート分析をおこなっておくことによって、「こうなったらこうしよう」という自分の中でのシナリオを立てることができるのです。損切りよりもチャンスを失ってしまうことのほうが気持ちの面でのダメージが大きくなりますので、チャートが動かなくてもチャート分析を必ずおこなうようにしましょう。
このようにFXの相場が動かない時間というのは、作戦タイムに使うことができるのです。

                   

FX会社を徹底比較