FX口座開設会社の比較サイト【FXステーション】

fx

FXの取引にはいくつかのやり方があります。
取引開始から決済までの期間によって分類する事ができます。
取引期間の短い順に「スキャルピング」、「デイトレード」、「スイングトレード」と言われています。
取引方法の分類毎にチャートの見方や投資スタイルが変わるのでここで自分にあった投資スタイルを見つけましょう。

自分にあったスタイルの取引方法を見つける

超短期売買(スキャルピング)

スキャルピングの取引方法は超短期売買の義で、取引開始から決済まで長くて数分、短くて数秒という短い期間での取引です。
わずかな時間で利益を積み重ねていくスタイルのため1回あたりの利益は非常に少ないですが、それをなんども繰り返していく必要があります。

短期売買(デイトレード)

10分程度から長くても1日の間に決済を行うトレード方法。
スキャルピングよりも長期での取引のため、時間がかかる上に常にチャートを気にする必要がありますが、1日時間を使える場合にはオススメなトレード方法。
損切りのタイミングを判断する機会が多くなりますが、その分利益が出る売買を行う事ができる可能性も大きい取引方法。

短〜中期売買(スイングトレード)

2日から1週間程度の期間で取引を行う取引方法です。
スキャルピング及びデイトレードはその瞬間瞬間でチャートを常にチェックし、利益が出るポイント、損切りをするタイミングを計る必要があります。
時間がある場合には良いですが、基本日中働いているビジネスパーソンには難しい取引方法でもあります。
そんな人におすすめなのがこのスイングトレードです。
利益が出るポイントを見定める事ができるタイミングが多く、また逆も然りなので落ち着いた取引を行う事ができるのが利点です。

長期トレード

1週間〜の取引は長期トレードと呼ばれます。
長い期間での取引を行う為、他のトレード方法と比べて大きな利益を見込む事ができます。
長期で運用する投資方法なので初心者投資家の投資のイメージに近いかもしれません。

                   

FX会社を徹底比較