FX口座開設会社の比較サイト【FXステーション】

fx

短期売買でFX取引をするにあたって、これから為替がどのような動向をするのか、どのタイミングで売り注文、買い注文をするかを見定めないといけません。
そんな時に役立つ、短期売買むけの知識をご紹介します。

短期売買を始める為に

超短期売買(スキャルピング)や短期売買(デイトレード)といった取引方法が短期売買に当たります。
各トレード方法について詳しく知りたい方はこちらから。
短期売買は名前の如く、短い時間で取引を多数繰り返し、小さな利益をコツコツ稼ぐといった取引方法です。
よって、取引中は常に目を話せない状態となります。
集中力と決断力が必要となる為、自分がまず短期売買に向いているかどうか確かめましょう。

テクニカル分析を使おう

チャートを見て、データの時系列パターンや過去の価格、取引量から為替がどう変動するかを判断する指標を「テクニカル分析」と言います。
経済指標を読み取り、分析、判断するファンダメンタルズ分析とは用途が異なり差別化されています。
テクニカル分析ではチャートを主に利用します、
これは、為替の水準を時系列で表したものです。
ある一定値から価格が上昇しているのか下降している方のかを判断するのには非常に有力であり、テクニカル分析においては必須なグラフでもあります。

チャートを読もう

チャートにも種類があります。
為替の動きを折れ線グラフにしたチャートや、FXで主に使われるローソク足といった物もあります。
ローソク足は1日や1時間といった一定期間内の為替の動きを1つの記号で表しています。
この記号がろうそくに似ていることからローソク足と呼ばれるようになったようです。

投資にあったローソク足を使おう

スキャルピングなら1分足、5分足。デイトレードなら1時間足、日足を主に利用します。
超短期売買を行う方には週足、月足といったグラフはあまり利用する事はないでしょう。

                   

FX会社を徹底比較