FX口座開設会社の比較サイト【FXステーション】

fx

FX投資では、為替が動く原理を知っておく必要があります。
利益を得る為にまず地盤から固めましょう。

ファンダメンタルズ分析

経済状況を確認しよう

為替はその通貨を発行している国の経済状況によって大きく左右されます。
この経済の基礎的条件をファンダメンタルズと呼びます。
その金利や景気の動向を分析して為替の動きを探る事をファンダメンタルズ分析と言います。
景気がいい国の通貨は高くなる傾向にあり、逆に景気が悪くなった国の通貨は安くなる傾向になります。

トレンドを掴む

為替の動きを左右する経済指標は1つではなく複数あります。
これらが複雑に組み合わさった結果、為替が動きます。
ファンダメンタルズ分析で注意しなければならない部分として、大きなトレンドを読むのにはとても向いている分析方法ですが、目先の指標を読むのには向いていません。
よって短期売買を目的としたスキャルピングやデイトレードには向かない分析方法となっています。

金利が上昇すれば通貨も上がる

各国政府が金利政策として金利を引き上げたり、引き下げる施策を行う場合があります。
例えば、景気が悪くなれば市場に出回るお金の総数は減り、金利を下げて市中に出回る通貨量を増やし景気対策を行ったりします。
また、好景気になれば消費や投資が激しく行われ、インフレの懸念が生じてしまいます。
その為金利の引き上げを行いインフレ懸念を抑制するというわけです。
ある国の金利が上がった場合、金利が低い国から見ると金利が高い国を投資先にする事は非常に魅力的になるという事です。

金利高いと利息も美味しい

上記の理由により、金利の高い国に通貨が流れやすいという仕組みが生まれます。
金利が低い通貨を売って、金利が高い通貨を買えばその差額分だけの利息がつきます。
よってさらに金利が高い国の通貨が買われやすいという仕組みが出来上がります。

                   

FX会社を徹底比較