FX口座開設会社の比較サイト【FXステーション】

fx
FXとは外貨証拠金取引の略で、通貨売買によってその差額で利益を生み出す取引の事を指します。
ここではFX取引の特徴について解説します。

FXの仕組み

日本円を外貨に変えます。(今回は米ドルを購入したと仮定します。)
買った時の値段が1ドル=100円とし、日本円を100,000円分ドルに変えると1,000ドル所有する事になります。
仮に1ドル=110円になったとしましょう。
このタイミングで持っているドルを全て円に戻します。
110円×1,000ドル=110,000円となります。
この時の買った時と売った時の差額10,000円が利益となります。

外貨預金との違い


外貨預金は金利の高い国に資金を預金するといった投資法です。これをインカムゲインと言います。
FXは為替差益を狙いとした投資方法で、キャピタルゲインと言います。
小さな利益をコツコツと得ようとした場合はインカムゲイン、大きな利益を狙う場合はキャピタルゲインと差別化することができ、それぞれでメリットデメリットが介在しています。

FXは少額な投資でも大きな利益を得ることができる

FX取引には、投資した資金の何倍もの額の取引ができるといった利点があります。
このシステムをレバレッジと言います。
例)10万円の資金をレバレッジ5倍でFX取引する=50万円の取引
利益を通常の何倍にして得る事ができる反面、損失もその分大きくなるので仕組みを理解し塩梅を取る必要があります。

損失が拡大した場合どうなる?


FX取引では必ず利益が出るとは限りません。
損失が出た場合には様子見して再度上がるのを待つ必要があります。
しかし、損失が増えすぎて証拠金を上回りそうになってしまった場合に「一定の基準を上回った時点でマージンコールという警告が発せられます。」
この時資金の追加を行う必要がありますが、それができない場合には強制的に決済されるロスカットというものが行われます。
レバレッジをあげて大規模な投資を行うのもいいですが、その分損失が大きくなる可能性がありロスカットに至る可能性が増大します。
そのためにも分析、判断を的確に行い損切りをする必要があります。
冷静な判断を心がけましょう。

                   

FX会社を徹底比較